2015年02月11日

純喫茶 山雅

珈琲 山雅…

北アルプスの優雅な山々から山好きのマスター山下忠一さんがつけた店名

常連客は山下さんをお父ちゃんと呼び、かっぽう着姿の奥様のなかさんはおかあちゃん。
娘のけいちゃんと親子3人の喫茶店には山好きスキー好きの若者が集う。

娘と同世代の若い常連客を本当の子供のように接し、若者たちも本当の親のように慕う。
時には厳しく怒ることもあり、そして、励まし、「おかえり」「いってらっしゃい」と笑顔で声をかける。

そんな喫茶店。

常連客の一人、関さんが浮かない顔をして悩んでいる。
サッカー経験のあった関さんに、お父ちゃんはサッカーボールを買ってきた。

「球蹴りでもやろうか…」

山やスキーに行かない時にストレス発散になれば…そもそもの山雅の始まり…

1969年 山雅クラブ 発足。

サッカー経験のない方も含め、サッカーを楽しむ。。。

初代サポーター?の女性常連客がおにぎりやサンドイッチを届け、練習や試合に励む。

コーヒーカップのエンブレムを胸に…

2015.01.13「おぉ!信州人」より


いつしか楽しむサッカーから、勝つサッカーを目指し、夢を語り、目標に向かうクラブに…
日本にJリーグが生まれ、松本にアルウィンができ、松本の街を巻き込んで松本山雅FCは歩んできた。

純喫茶山雅は松本駅前再開発と共に姿を消しましたが、松本山雅は今も躍進を続けています。

初代ユニフォームの縦縞を50年後の今年は緑の横縞となり、そしてコーヒーカップのエンブレムはクラブ創設50周年ロゴとなりました。

50rogo.jpg

…50年の歳月を経て、北アルプスの優雅な山々はそのままに、、、
「山雅クラブ」は「松本山雅FC」として、、、
初代サポーター達から引き継いだ後押しする気持ちは、12000人を超える人が街を巻き込み、
2015年、松本山雅は国内最高峰リーグ、J1に挑む…

50周年の記念すべき今年は、山雅の新たな歴史を刻む年…

山雅の歴史はまだまだ続く。。。




にほんブログ村


posted by 戦士爆念 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 山雅だ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブログランキング
Jリーグ ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。